新宿三丁目新聞は東京新宿三丁目の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

新宿シアターモリエール公演中の即興演劇集団フリークルーズとは!?

ココで公演中の舞台の振付やってるんだよ。

 

DSC_0140_R

新宿モリエールビル内でダンサーの友人と飲んでる際の唐突に告知。笑。

 

ダンサー友人Maya
「日本の『インプロ』界を牽引しているね・・・。」

新宿三丁目新聞
「ふん。ふん。」

ダンサー友人Maya
「『BOBI』さんっていう『NY』でも活躍した人がいてね。」

新宿三丁目新聞
「ふにゃ。ふにゃ。」(気持ちいい。)

ダンサー友人Maya
「『マスカレード』っていう舞台をやるんだけどさ。」

新宿三丁目新聞
「ふぅ~。」(酔ってる。)

ダンサー友人Maya
「観客は舞台前に『ペーパーズ』に書き込んで演者に渡すワケよ・・・。」

新宿三丁目新聞
「ぐぅ~。」(寝そう。)

ダンサー友人Maya
「聞いてる?」

新宿三丁目新聞
「すぅ~。」(寝てる。)

ダンサー友人Maya
観に行くでしょ!?

新宿三丁目新聞
!はい!(目覚める。)

 

ってな流れで観劇するハメになったワケですが、せっかくなので、観劇前、本番直前のお稽古中に、代表のBOBIさんにお話を伺い、新宿三丁目新聞の記事にする事にしました。

 

DSC_0155_R

BOBIさん
「はじめまして。BOBIです!」

新宿三丁目新聞
えっーーーー?日本人かい!

BOBIさん
「鈴木一成と申します。」

新宿三丁目新聞
「海外『NY』でも活躍していた、仮面『マスカレード』を被っている黒人『BOBI』の方だと思ってました!」

BOBIさん
「嘲笑。」

 

DSC_0227_R

BOBI(鈴木一成)さんは、1998年に旗揚げされた即興演劇集団フリークルーズの代表であり、演出家でもあり、役者でもあり、日本のインプロ界を牽引されてきた方でもあります。

 

新宿三丁目新聞
「というか・・・。『インプロ』って何スカ?」

BOBI(鈴木一成)さん
「台本や打ち合わせのない即興で対応するエンターテイメントです。」

新宿三丁目新聞
「ggr・・・。インプロヴィゼーション・・・。」

BOBI(鈴木一成)さん
「そうですね。お客様には入場時に『ペーパーズ』と呼ばれる小さな紙に思いつく『言葉』を書いていただき、劇中にお客様の『言葉』を元に即興でシーンを作り出します。」

新宿三丁目新聞
「即興でシーンを作り出すのに、ダンサー友人Mayaの振付が必要なダンスシーンがあるんですか?」

BOBI(鈴木一成)さん
「インプロ自体が独りよがりにならない様に、旗揚げ当初からインプロ以外にもダンスなども盛り込み、お客様にも楽しんでいただける様な構成としています。」

新宿三丁目新聞
「エンターティナ―だなぁ。」

BOBI(鈴木一成)さん
「そうですね。インプロ以外のエンターテイメントは公演毎に趣向を変えて、過去には、アクションやシルクダンス、中国雑技団の様なものも取り入れてきました。」

 

新宿三丁目新聞
「『NY』でもご活躍されていたとか・・・?」

BOBI(鈴木一成)さん
「以前、『NY』に3年住んでいました。その6年後インプロバイザーとしてあらためて1ヶ月アメリカに行きました。」

新宿三丁目新聞
「ほう。」

BOBI(鈴木一成)さん
「インプロ理論を実戦してショービジネスに進出したコメディアン、俳優は数多くいるんですよ。マイク・マイヤー、ロビン・ウイリアムズ、ブルース・ブラザーズ、ウーピー・ゴールドバーグなどなど・・・。」

新宿三丁目新聞
「日本では本場程の認知度はありませんよね。」

BOBI(鈴木一成)さん
「そうですね。日本のインプロ界を今後も牽引していくためにも・・・。

2018年!旗揚げ20周年は武道館公演を目指しています!

 

新宿三丁目新聞
「素晴らしい!本番頑張ってください!」

BOBI(鈴木一成)さん
「それではインプロ公演をお楽しみください!」

 

新宿三丁目は多種多様なエンターテイメントの宝庫です。
寄席、展示場、映画館、劇場、ライブハウスなどなど。

 

DSC_0143_R

今回は新宿三丁目駅E9出口より徒歩数歩の場所に位置する新宿シアターモリエールという、インプロというジャンルの演劇を初観劇させていただきましたが、ライブ感が半端ありませんでした!

 

DSC_0172_R

今回の「星屑マスカレード」という作品は「台本+即興」という構成なので、大筋の台本はあるものの、劇中に演者が、たまたま引き当てた「ペーパーズ」に基づき、即興で1シーンが構築されていきます。

入場時に観客が書いた一言や一文がですよ!

 

そのシーンに合わせて、音響、照明、共演者がめくるめく変化するんです!
そしていつしか必ず大筋の台本に着地します。
観客のみならず、劇場全体に一体感が生まれるワケですよ。

 

DSC_0192_R

どこから即興で、どこまでが台本か・・・。
何が起こるか分からないドキドキ感。
次の公演を観劇した時も実は同じなんじゃないか?と疑いたくもなりますが、新宿三丁目新聞が書いた「ペーパーズ」も引き当てられ、見事に即興からの台本に着地していたところを見ると、やはり即興なんだろうと。(当たり前。)

体感しない事にははじまりません!

 

DSC_0222_R

新宿シアターモリエールでの今回の公演は千秋楽を迎え、無事に終了しましたが、次回の公演時は新宿三丁目新聞でも事前に告知させていただきますので、ご興味を持たれた方はぜひ!足を運んでみてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

店名 新宿シアターモリエール
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-33-10
電話 03-3354-6568
地図

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)