新宿三丁目新聞は東京新宿三丁目の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

2016年のお彼岸は鈴懸のぼたもちがお持たせなんて粋すぎるぅーーー!

本日3月17日(木)は2016年のお彼岸の彼岸入りですね。
春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後3日間の7日間(一週間)のことを「彼岸」と言うんだそうじゃ。
そして初日を「彼岸入り」、最終日を「彼岸明け」と呼ぶんじゃぞ。

 

2016年春のお彼岸

彼岸入り 3月17日(木)
中日(春分の日) 3月20日(日)
彼岸明け 3月23日(水)

 

2016年秋のお彼岸

彼岸入り 9月19日(月)
中日(秋分の日) 9月22日(木)
彼岸明け 9月25日(日)

 

お彼岸は、地方の風習により異なりますが、先祖を供養し、仏壇にお菓子をお供えしますが、その中でも、「ぼたもち」や「おはぎ」は人気ですが、なぜでしょうか?

 

tsubuannobotamochi_dtl1_R
出典:http://www.suzukake.co.jp/archives/kashi-cat/haru

小豆の赤色には災難から身を守る効果があると信じられていたそうで、邪気を払うという信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。
また、この習慣は江戸時代に庶民の間から始まったと言われており、他の仏教国にはない日本固有の信仰だそうです。

 

ところでばいざうぇい「ぼたもち」と「おはぎ」って同じじゃね?

その通り!同じです。食べる時期が異なるため、それぞれの季節の花から名前が変えられています。

 

botan2_R
出典:http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_324.html

春のお彼岸にお供えするのは「牡丹の花」より牡丹餅(ぼたもち)。

 

hagi_R
出典:http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_247.html

秋のお彼岸にお供えするのは「萩の花」よりお萩(おはぎ)

 

今回、大切な先祖の供養にお供えしたい「ぼたもち」は、みんな大好き!
伊勢丹新宿店本館地下1階の「鈴懸 新宿伊勢丹店」をご紹介したい!

 

えっ!?知ってる?

 

でしょうね・・・。

 

写真 2016-03-09 16 34 14_R

新宿三丁目駅から直結しているフロアにはいつも長蛇の列だしな。

 

ichigo-daifuku_R
出典:http://www.suzukake.co.jp/archives/blog/hibi/2804

期間限定の「苺大福」は超絶美味いしな。

 

こんなにも人気店の絶品!「ぼたもち」をぜひ!大切な先祖のために、おもたせとしてお選びいただいたら、粋じゃないかと思った次第です。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

店名 鈴懸 新宿伊勢丹店
住所 〒160-0022 新宿区新宿3-14-1 新宿伊勢丹地下1F
電話 03-3341-1512
営業 【月~日】10:30~20:00
地図

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)